ぷらす矯正歯科のブログ - スタッフブログ

HOMEスタッフブログ > 矯正装置を外した後は...

矯正装置を外した後は…

スタッフブログ 2022/03/27

こんにちは、ぷらす矯正歯科です🙋‍♀️

 

 

ところで、

 

山形県の最上地方に

  

「野々村」という地名があるのを

 

ご存知ですか?? 

 

 

冬には白鳥たち🦢が飛来し、

 

その羽を休める姿を見ることができるんですよ。

 

 

 

さて、今回は「矯正装置を外した後は..」について

 

お話ししたいと思います。

  

  

  

 

 

 

1.矯正装置を外した患者さんの声🎤

 

 

(1)矯正治療をする前は、口元を隠して笑っていたが、今は自信をもって笑うことができます!

 

 

(2)歯並びがキレイ✨になって、歯を見せて笑えるようになりました!

 

 

(3)歯磨きがしやすく、ラクになりました!

 

 

(4)噛み合わせが良くなったので食べ物がかみやすく、今では美味しく食事をとれます!

 

 

その他にも、たくさんのご感想をいただいておりますが、、、

 

 

なんと言っても💡

 

 

皆さん、笑顔✨でお話しされているのがとても印象的🌹です。

 

 

私たちも、とても嬉しいです☺️‼️ 

  

  

  

 

 

 

 

2.矯正装置を外した後の流れ📆

 

 

(1)除去後の検査

 

 写真やレントゲン・歯型をとり、口腔内診査をします。

 

 

(2)保定治療についてのお話

 

 今後の保定期間や、使用する保定装置について詳しくお話しします。

 

 

(3)保定期間中の通院 

 

 装置をきちんと使用することで、3~4ヶ月に一度の通院で済みます‼️

 

 

  

※保定期間について

  

 https://plus-orthodont.com/blog/staff/88.html

 

こちらをご覧ください💁🏻‍♀️

  

  

 

 

3.保定装置について

 

 

 

(1)保定装置の使用

 

 

リテーナークリアリテーナー等の取り外しができる装置は、

食事や歯磨き以外の時間に使用します。

  

 

 

 

(2)よくある質問

 

 

 ①装置が壊れたり紛失した場合は⁉️

 

 🙋‍♀️すぐにご連絡ください。

お電話または留守番電話にメッセージをお残しください。LINEもご利用いただけます)

 

 デジタルデータがあれば日数をかけずにぷらすで作り直しができます🙆‍♀️

 

 

 

 ②装置をつけたまま、飲み物を飲んでもいい🍹⁉️

 

 🙋‍♀️水やお茶は飲んで構いません🙆‍♀️

 

 糖分が入っているジュース熱い飲み物は、装置を外して飲んでくださいね。

  

  

  

 

 

 

 

4.後戻り

 

(1)後戻りの原因

 

 一番多い原因は、保定装置の使用時間が少な過ぎたり、使っていなかったことです🙅‍♀️

 

キレイな歯並び✨を保つためには、歯を動かしていた期間と同じ位の期間が必要です。

 

 

(2)後戻りを起こさないためには

 

①保定装置は決められた時間、必ず使いましょう✏️

 

②保定期間中の定期検診、大事です。

 

✅保定装置がしっかり使えているかを確認

 

✅歯並び・噛み合わせやお口の中の状態を確認

 

✅舌癖や生活習慣(態癖)を確認

 

 

③舌癖や生活習慣の改善を心がけましょう🍀

 

トレーニングや意識をすることで、後戻りのリスクを軽減できます。

  

  

  

 

 

 

5.日常生活で気をつけることは⁉️

 

 

 

(1)歯磨き‼️、フッ素‼️、気を抜かない‼️

 

 

装置を外し、歯磨きのしやすさを実感している頃です。

 

虫歯😈ができないように、フッ素✨やフロスを使用するといいですね😉

 

 

 

(2)かかりつけ医での定期検診

 

 

 

定期的な歯石除去クリーニングで、歯の健康を守りましょう🍀

 

どこに汚れがたまっているか、

 

虫歯になりやすいところはどこか、

 

 

歯磨きで気をつけるポイントがわかりますよ🙋‍♀️

  

  

  

 

 

 

 

 

次回は、

 

「不正咬合について」。

 

 

 

どうぞご覧ください🙋‍♀️

 

 

寒の戻りには羽織ものを1枚ぷらす。温かくしてお出かけくださいね。

それでは🌹

First Step

矯正治療のはじめの一歩

初診相談とは

矯正治療をする人もしない人も、まずはここから

治療が必要か診断します装置、期間、費用について詳しく説明します

初診相談の内容を確認
診療カレンダー