ぷらす矯正歯科のブログ - その他

HOMEその他 > 歯磨きについて、あれこれ

歯磨きについて、あれこれ

その他 2018/04/28

ぷらす矯正歯科です。

 

現在、矯正治療を受けている方にも、受けていない方にも、毎日のオーラルケアは、美容のためにも健康のためにも大切ですね。

現在、日本国内で入手可能な歯ブラシは、なんと約400種類にも及ぶとのこと!

この数字から、歯と健康への意識が高まってきていることがわかりますから、とてもいいことですね。

歯磨きの際に注意したいのが、力を入れてゴシゴシしすぎてしまうこと。

ブラシの毛先が広がってしまい、汚れが落ちにくくなったり、歯と歯ぐきを傷めてしまいますから、意識して優しく磨くのが一番!

一般的に良いとされている優しさは、歯ブラシに加える力が、100グラムから200グラムまで。

コンビニで売っているおにぎりが、ひとつ大体100グラム。卵ふたつが120グラム程度…

調理用はかり等を指先でそっと押してみて、100グラムの感覚を試してみるのもいいかもしれません。

想像以上に優しく優しく磨く必要があると、改めてお気づきになるかもしれません。

ブラシの角度や動かし方など、歯科衛生士さんに確認してもらって、正しい習慣を身につけていきたいものですね。

先ほど、歯ブラシの種類の多さについてお話ししましたが、それでは一体どれを選べばいいのでしょうか。

ぷらすがオススメしている歯ブラシは、予防歯科先進国のスウェーデンから、高品質な口腔ケア用品を提供しているテペ社のもの(Tepe)。

スウェーデン国内の薬局で買われている歯ブラシの77%以上がテペ社の製品といいますから、、機能性が高く評価されているんですね。

実際に大学や、世界の歯科医師や歯科衛生士協力の元に開発をしているそうですから、説得力があります。

それに、見た目が可愛良いのも特徴で、カラーバリエーションが豊富なのも魅力のひとつです。

ぷらす受付で購入できます。手にとって、お気軽にご相談ください。

それから、もうひとつ。細かいヘッドで歯と歯の間や裏側など、磨きにくいところをピンポイントで磨ける「タフトブラシ」をご存知でしょうか。一般的な歯ブラシと、このタフトブラシのダブル使いも磨き残しのない歯磨きとして有効です。

電動歯ブラシを愛用する方には、手磨きでは物足りなく思われるかもしれませんが、歯並びが悪い時や、矯正治療中でブラケットなどを装着している時には、磨きづらい部分があるため、電動歯ブラシよりもやっぱり手動(手磨き)の方が有効だと思います。

テキトーに磨いて、おしまいっ!という日もあると思いますが(私もそうですが)、忙しい毎日だからこそ、試しに歯磨きタイムはリラックスタイムと決めてみたら、良い習慣につながってゆくのだと思いました。

 

自分にいいこと、一日一ぷらす❤

First Step

矯正治療のはじめの一歩

初診相談とは

矯正治療をする人もしない人も、まずはここから

治療が必要か診断します装置、期間、費用について詳しく説明します

初診相談の内容を確認
診療カレンダー